4月1日から「宅地建物取引主任者」は「宅地建物取引士」に名称が変更になりました。不動産取引の信用性と透明性にさらなる向上が求められます。

不動産売買、賃貸の契約の前に必ず「宅地建物取引士」が資格証を提示し、重要事項の説明をしなければなりません。

お客様の大切な財産を取り扱う仕事です。「宅地建物取引士」は高い職業倫理を持ち、日々の研鑽を重ねていくことはもちろん、地域社会への貢献とお客様満足を追求していかなければなりません。